脂肪吸引による小顔

顔が大きく見えてしまう原因にはいくつかあって、特に太っている人の場合は、顔に付いた脂肪が原因で顔が大きく見えてしまうことが考えられます。

スポンサードリンク


明らかに太っていることが分かっているならば、まずは健康的にダイエットすることを考えなければなりません。食べ過ぎを防ぎ、ある程度の運動を継続的にやれば殆どの人は痩せられる(やせられる)はずです。体重が落ちて痩せれば(やせれば)顔もほっそりしてきます。


しかし、過度の肥満の場合は脂肪吸引という方法も選択肢のひとつとして上げられます。これは整形手術のひとつになりますが、カニューレと呼ばれる医療用の管を使用して皮下脂肪を吸引するという方法です。


顔に行う脂肪吸引は、耳の後ろなどの目立たない場所にメスを入れて小さく傷を付けます。そこからカニューレ(医療用の管)を挿入して脂肪を吸引します。


この脂肪吸引では、頬やアゴの脂肪をとることができ、顔の輪郭もスッキリするので、顔全体が引き締まって見え、小顔になることが期待出来ます。


しかし、脂肪吸引は他にやるべき方法が見あたらない場合に行うべきものであり、安易に行うものではありません。脂肪を取りすぎてしまうと、顔全体のバランスもおかしくなってしまいますので、担当の医師とよく相談した上で脂肪吸引を行うかどうかを検討する必要があります。


もちろん、料金やアフターケアなども手術をお願いする際に、カウンセリングで疑問点が残らないように確認をしておく必要があります。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

エラを削る手術で小顔になろう
小顔の為にヘアスタイル(髪型)や服装を変えてみた。小顔グッズを買って毎日小顔マッ......

▲このページのトップへ