小顔に見える化粧方法

顔を小顔に見せる方法には様々なものがあると思いますが、その中にメイク術(化粧方法)があります。

スポンサードリンク


メイク術(化粧方法)で大切なこと、それは基礎化粧品です。まず化粧水を充分肌に馴染ませた上で乳液をつけて保湿することが大切です。


次に化粧の下地クリームを正しく付けることで化粧のノリが変わってきます。ファンデーションはリキッドファンデーションを使うことをお薦めします。リキッドファンデーションには顔の陰影を付ける効果があるからです。


リキッドファンデーションを目の下のところに逆三角形に叩き込んだり、アゴの下あたりに叩き込んだりします。これによって顔の高い部分が強調されることになるので、立体的に見えるようになります。


もちろんファンデーションは部分的にだけでなく全体的にも必要で、上記以外の部分に肌に合う色のファンデーションを塗ります。注意する点は、あごの部分には少しだけ肌より黒いものを使うことです。これであごが引き締められたような感じになり小顔に見える効果があります。


次にアイメイクですが、目を大きく見せることで目に視線を集めて小顔に見える効果があります。アイラインを引き、マスカラを付けて、白っぽいパウダーでアイホールを色づけるだけで目もとが強調されるようになります。

スポンサードリンク

この記事のタグ

▲このページのトップへ